落合博満

「1年目から勝負だった」落合博満が振り返る中日監督就任初年度【落合博満メモリーズ Vol.2】

<動画について>
中日ドラゴンズ監督就任初年度の2004年、宣言通り初年度にしてリーグ優勝を達成した落合監督。キャンプ初日に紅白戦を行い注目を集め、開幕戦では3年間一軍登板のなかった川崎憲次郎投手を開幕投手に起用するなど、初年度からオレ流采配は際立っていた。
落合監督が指揮を執った時期の中日ドラゴンズは、8年間でリーグ優勝4回、日本シリーズ出場5回、日本一1回、Bクラス(4位以下)0回と、中日ドラゴンズの歴代監督では、最高の成績を収めた落合監督であるが、初年度にこそ優勝を勝ち取る意義があったと語っている。就任初年度に抱いていた落合監督の優勝への思いとは。そして「勝つことが最高のファンサービス」とするその信念をとくとご覧ください。

🔥チャンネル登録&グッドボタンよろしくお願いします!
🔥コメントもお待ちしてます!
🔥コメントは落合博満本人も確認しております!

【落合博満プロフィール】
■プロ野球選手OB・野球解説者
■出身地:秋田県南秋田郡若美(現・男鹿市)
■出生年:1953年生まれ
■主なタイトル:史上最年少三冠王獲得(82年)、史上初3度の三冠王(86年)、正力松太郎賞(07年)野球殿堂入り(11年)
■所属球団:ロッテオリオンズ(79~86)、中日ドラゴンズ(87~93年)、読売ジャイアンツ(94~96年)、日本ハムファイターズ(97~98年)
■監督:中日ドラゴンズ(04~11)

▶️Twitter

#落合博満 #オレ流 #中日ドラゴンズ

写真提供:株式会社スポーツニッポン新聞社
協力:ミズノ株式会社””

【ご注意】
このチャンネルの動画の無断転載・無断切り抜き等は固くお断りしています。そのような事実を発見した場合には、警告の上、悪質な場合には、法的措置をとる場合があります。切り抜きチャンネルをご希望の方は、お問い合わせください。
🔥現在、切り抜きチャンネルの運営を開始しております!

☑最初の1か月無料!プロ野球をCMなしで見よう▶DAZN
DAZN
関連記事