川上憲伸

【検証】なぜサイン盗み騒動は起きたのか?ランナー二塁で絶対阻止の裏マニュアル【憲伸がタブーに斬り込む】

プロ野球前半戦で物議を醸した「サイン盗み騒動」。経験のあるショート&捕手がいればそもそも起きなかったこと、と語る憲伸の真意とは? 粘着物質騒動に続く「球界のタブー」に切り込む第2弾!

▼Twitter:川上憲伸【公式】カットボールチャンネル(@Kenshink2k2k2)

【川上憲伸プロフィール】
元プロ野球選手(中日ドラゴンズ、アトランタ・ブレーブス)、野球解説者
徳島商、明治大学を経て、1997年ドラフト1位で中日入り。1年目は14勝(6敗)を挙げて新人王に。カットボールを習得した2002年にノーヒットノーラン達成。2004年には最多勝(17勝)でリーグ優勝に貢献し、沢村賞とMVPを受賞。2006年にも最多勝(17勝)でリーグ優勝に貢献。2009年にはMLBアトランタ・ブレーブス入り。先発ローテーションを担う。
2012年に中日に復帰し、2015年末に退団。
日米通算125勝。現在は野球評論家として活躍中。

#川上憲伸 #井端弘和 #谷繁元信 #サイン盗み #プロ野球​​ ​#中日 #ドラゴンズ #dragons #阪神 #タイガース #tigers #ヤクルト #スワローズ #swallows

関連記事