レジー・スミス

違い過ぎる日米のスローイング理論:「プエルトリコ出身の強肩捕手が多い理由とは?」レジースミスベースボール

日米の野手のスローイング方法の違いを動画にしました。プエルトリコ出身に強肩捕手が非常に多く、伝説のニーダウンスローの創始者、サンティアゴ氏から現役No1のモリーナ捕手までの継承されている送球テクニックを紹介します。イチロー氏の引退後、日本人野手メジャーリーガーが不在なのは、やはり肩の強さと正確性ではないかと思います。是非、この動画が将来のメジャーリーグを目指す若い選手の参考になれば嬉しいです!

☑最初の1か月無料!プロ野球をCMなしで見よう▶DAZN
DAZN
関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。