レジー・スミス

J・スモルツ「このシャドーピッチングで故障とはサヨナラ!」レジースミスベースボール:ジャパン

ロープトレーナー のアドバイザーのスモルツ氏は手術後に投げ方を修正してから、クローザとしても大活躍、MLBで唯一、通算213勝154セーブを記録しました。自身の経験からどのように腕の振りを修正することができたかを解説します。腕の振り方を修正することで投手寿命が長くなったことを考えると、腕の振り方が非常に大事であることが分かります。この動画が皆さんの参考になることを祈ります。そして是非、ロープトレーナーを使用して効果的なシャドーピッチングを行ってください!

関連記事