中村紀洋

肘と手の位置の高さを意識する【中村紀洋・打撃ワンポイントレッスン③】| N’s method

中学2年生への打撃指導の様子です。

ポイントは「肘と手の位置の高さを意識する!!」

N’s styleチャンネル登録はこちら↓
http://qq1q.biz/KPyQ

N’s methodのHPはこちら

http://www.n-method.jp

中村紀洋twitterはこちら

中村紀洋Instagramはこちら
https://www.instagram.com/ns__style5

中村紀洋(なかむら・のりひろ)

73年7月24日生まれの44歳。
渋谷高校で2年夏に『4番・投手』で激戦区の大阪府予選を勝ち抜き。同校初の甲子園出場に導く。高校通算35本塁打。91年にドラフト4位で近鉄バファローズに入団し、『いてまえ打線』の4番として活躍した。
00年に39本塁打、110打点で本塁打王、打点王を獲得。01年にも132打点で2年連続打点王に輝き、チームを12年ぶりのリーグ優勝に導く。00年に日本代表でシドニー五輪に出場。04年アテネ五輪では2大会連続で出場し銅メダルを取得。メジャーリーグ挑戦を経て06年に日本球界復帰し、07年に中日で日本シリーズMVPを受賞した。13年にDeNAで通算2000安打を達成。15年に『一般社団法人N’s method』を設立し独自のMethodで子ども達への野球指導、多種目アスリートを中心にトレーニング指導を行なっている。17年には静岡・浜松開誠館高校で硬式野球部の非常勤コーチに就任。高校生の指導に力を注ぐ。

関連記事