馬原孝浩

150km/hの壁を破ったペットボトルを使っての胸郭・骨盤連動性トレーニングを公開

プロ野球生活12年の「経験」、通算182セーブ最速158km/hの「感覚」、3つの国家資格に裏付けされる「理論」をもとに、
馬原孝浩が現役時代に行っていたトレーニングを紹介します!

今回の動画は「骨盤と胸郭の連動性」を高めて、
球速を大幅に上げるトレーニング法を紹介しています。

このトレーニングは「馬原本人」が
大学時代に実際に行っているトレーニングを
理論的に解説した内容となっております!

投手において1つの壁である
「球速150km/h」を超えるために
続けていたトレーニングです。

「球速を上げたい」
という悩みを持つあなたに
最適なトレーニング法です。

〜動画の内容〜
⒈胸郭と骨盤の連動性トレーニング:トレーニング解説
⒉胸郭と骨盤の連動性を獲得するための「軸足の使い方」
⒊投球時胸郭と骨盤の骨格の様子
⒋胸郭と骨盤の連動性トレーニング:トレーニング方法
⒌胸郭と骨盤の連動性を生み出すためのポイント解説

OFFICIAL SITE:https://t-mahara.jp

Instagram:https://www.instagram.com/takahiro_mahara_official

Twitter:https://twitter.com/TakahiroMahara

↓↓↓YouTubeコラボ・仕事依頼は↓↓↓
ishibashi@t-mahara.jp

関連記事