馬原孝浩

肩の痛み、野球肩改善、可動域を上げる、2nd 3rdポジションでの肩の内旋ストレッチ!

プロ野球生活12年の「経験」、通算182セーブ最速158km/hの「感覚と実績」、3つの国家資格に裏付けされる「理論」をもとに、

馬原孝浩が考える『肩周りのストレッチ』を徹底解説!
今回は肩周りのストレッチの中でも特に重要な「肩関節の内旋」です。

その他の肩周りのストレッチはこちら↓↓↓

「球速を上げるための条件」で解説した、
〇〇×柔軟性×〇〇
その『3つの条件』のうちの1つである
【柔軟性】について解説します。

参考動画:球速を上げるための条件

今回の動画では、
「球速アップ・投球障害予防」に必要な肩関節周辺の
ストレッチについて解説します!

このストレッチは
馬原が現役時代に行っていた
肩周りのストレッチとなります。

みなさんがご存知の
オーソドックスなストレッチでは
野球選手には不十分です!
その理由は〇〇だからです(←答えは動画の中に)

特に投手では
肩周りの筋肉全てに
アプローチする必要があります。

今回の動画はその中でも特に重要な「肩関節内旋」のストレッチを
ピックアップしてご紹介します!

障害予防・パフォーマンスアップの観点から
「馬原」が考えて現役時代に実際にやっていた
肩周りのストレッチを体験してみてください!

動画では「ストレッチに必要な知識・正しい方法・力の入れ具合など」
野球選手・一般の方に必見の内容となっております!

特に投手では、
肩周辺筋の柔軟性低下が投球障害に繋がり
パフォーマンスが低下します!

元プロ野球選手
現柔道整復師・はり師・きゅう師・プロスポーツトレーナーが
考えるストレッチの基本を体験してみてください!

〜動画の内容〜

⒈肩関節「2nd・3rdポジション」での肩内旋ストレッチが必要な理由
⒉肩関節内旋の可動域が必要な理由
⒊肩関節内旋の可動域評価
⒋棘下筋のストレッチ1
⒌棘下筋・小円筋のストレッチ1
⒍棘下筋・小円筋のストレッチ2
⒎棘下筋のストレッチ2

⒏肩関節内旋ストレッチのポイント・注意点

OFFICIAL SITE:https://t-mahara.jp

Instagram:https://www.instagram.com/takahiro_mahara_official

Twitter:https://twitter.com/TakahiroMahara

↓↓↓YouTubeコラボ・仕事依頼は↓↓↓
ishibashi@t-mahara.jp

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。