ドラHOTpress

✅ 中日・大野雄大投手(32)が16日、ナゴヤドームで取材に応じ、来季こそ悲願のリーグVに向け決意を示した。

💖 Please Subscribe: https://www.youtube.com/channel/UClBfnA7n1qEYWePs6CQ7IkQ?sub_confirmation=1
✍ 【中日】大野雄大「優勝してファンと一緒に泣く」残留秘話も…与田監督「何ていい日だ!」祖父江は愛のイジリ「俺の給料上がらんから出てって」 2020年11月16日 17時0分スポーツ報知 # 野球# プロ野球# 中日  中日・大野雄大投手(32)が16日、ナゴヤドームで取材に応じ、来季こそ悲願のリーグVに向け決意を示した。  今季は4年ぶりに開幕投手を務め45イニング連続無失点やシーズン6完封、10完投と記録的快投を連発。自身5年ぶりの2桁勝利(11勝6敗)を達成。チームを8年ぶりのAクラスに導き、最優秀防御率&最多奪三振の個人タイトル2冠にも輝いた。7月に取得した国内FA権を行使することなくチーム残留を決心し「契約は3年です。ドラゴンズに恩返しができていないという思いが強いので、もっともっと勝たせないといけない。ドラゴンズで優勝したい」と意気込んだ。  チームメートの柳からは「大野雄さんに残ってほしいです」とシーズン中から懇願され、最優秀中継ぎを獲得した先輩の祖父江からは「お前が残ったら俺の給料が上がらんから頼むから出てってくれ」と、それぞれに愛のある“残留要請”を受けていたことも明かした。大野雄は「残ったことを決めたとき与田監督からは『今日は何ていい日なんだ』と言ってくださいました。仲間からは『ありがとう』とたくさん言われた。こちらこそありがとうという気持ちですよね」と感謝した。  ファンに対する思いもあふれた。「ファンの皆さんに対して恩返しできていない。(2017年に)交流戦まで勝てなかった。ロッテ戦で勝った後に泣いてしまったが、あのときも試合前から応援してくれたファンがいた。試合前から『頑張れ、頑張れ、大野』と左翼席から声を掛けてもらったのが忘れられない。いつも応援してもらっている。今回は残留してまた応援してもらえればうれしいし、僕にとってもファンへの恩返しは優勝して喜んでいただくこと。(17年の)ロッテ戦は自分1人で泣いてしまったが、今度は優勝してファンの皆さんと一緒に泣きたい」と秘めたる思いも明かした。  今後は秋季練習には参加せず、ナゴヤ球場を活動の拠点とした自主トレ期間に入る。 …
💖 #野球, #プロ野球, #中日

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。