川上憲伸

【憲伸モノマネ解説】中日・大野雄大 ノーヒットノーランを成し遂げた”最先端フォーム”とは?

プロ野球開幕直前企画 
「今シーズン注目投手を川上憲伸がモノマネフォーム解説」

第4弾の今回は・・・

中日ドラゴンズ 左のエース
大野雄大のフォームを川上憲伸が「モノマネ解説」

憲伸が語る「最先端のフォーム」とは!?

▼Twitter
川上憲伸【公式】カットボールチャンネル(@Kenshink2k2k2)

【川上憲伸プロフィール】
元プロ野球選手(中日ドラゴンズ、アトランタ・ブレーブス)、野球解説者
徳島商、明治大学を経て、1997年ドラフト1位で中日入り。1年目は14勝(6敗)を挙げて
新人王に。カットボールを習得した2002年にノーヒットノーラン達成。
2004年には最多勝(17勝)でリーグ優勝に貢献し、沢村賞とMVPを受賞。
2006年にも最多勝(17勝)でリーグ優勝に貢献。2009年にはMLBアトランタ・ブレーブス
入り。先発ローテーションを担う。2012年に中日に復帰し、2015年末に退団。
日米通算125勝。現在は野球評論家として活躍中。

当チャンネルの動画配信による収益の一部を下記サイトを通じて寄付いたします。
よろしければ皆さまのご協力もお願いいたします。
コロナ基金CFページ:https://readyfor.jp/projects/covid19-…

#大野雄大 #ノーヒットノーラン #中日ドラゴンズ #プロ野球開幕 #川上憲伸 #エース #カットボール #魔球

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。